インサイドセールス導入のメリット

将来性とポテンシャル

将来、営業は技術市場と密接に結びつくでしょう。
たとえば、Googleは、モバイル端末での検索が米国などの国でPCブラウザの検索に追いついたと報告しています。
このような状況で成功する企業は、期待値が最も高いデータを収集し、分析したデータを武器として営業担当者に与えられる企業であるといえるでしょう。
売上を向上するための技術が進歩するとともに、営業担当は、誰に、いつ、何を販売するのかをよく知ることになります。

インサイドセールスが提供する利点をいくつか挙げます。

コストパフォーマンスの改善

インサイドセールスにかかる平均的な通信料は、従来型の営業にかかる通信料の6分の1となります。

顧客の事情に合わせた勧誘

顧客は直での会合や飛び込みでの営業を好みません。
なかでも重要な意思決定者の78%はアポイントメントや、電子メール、勧誘電話から得たイベントの知らせをきっかけとして取引の場に顔を出します。

より良い相乗効果

CRMと、営業を支援する技術の発達により、インサイドセールスで重要な会計の詳細が自動的に記録されます。
このデータはリアルタイムで活用され、優れた相乗効果を生み出します。

生産性を高めるツール

顧客との日常的なやり取りの数と営業目標を満たすこととの間には正の相関があります。

PAGE TOP