量だけ”のKPIにサヨウナラ~小さな組織から生まれるクリエイティビティ―アジャイル型インサイドセールス実践法(4)―

テレアポから脱却し、SaaS時代に適応したセールスプロセスを構築するためには、アジャイル型インサイドセールスの考え方を実践していくことが有効です。この連載では、インサイドセールスが機能する組織づくりをテーマに、解説していきます。

第4回目は「量だけ”のKPIにサヨウナラ~小さな組織から生まれるクリエイティビティ」です。

インサイドセールスのKPIについて、“コール数”や“アポイント数”にしている企業はよくあると思います。しかし、この2つは組織の縦割り化を助長させる危険をはらんでいます。というのも両方とも“量”を見る指標であり、“質”の部分が完全に抜け落ちてしまっているからです。

では、どうしたらよいでしょうか。解決策を見てみましょう。

https://www.onemarketing.jp/lab/corporate-sales/inside-sales_206

マーケティングラボ(ワンマーケティング株式会社)サイトへ

関連記事

PAGE TOP