KNOWLEDGE

B2Bの企業で従来から行われているのは対面型の営業スタイルです。営業パーソンが客先に訪問し、商談を行う、または、展示会やセミナーなどを開催し、お客様に来場いただき、商談のきっかけを作る、ということが主流でした。

昨今、企業のデジタル化が進む中、営業活動もデジタルの活用を取り入れる企業が増えています。デジタルツールの導入と同時に考えなければならないのが、それに適した新しい営業スタイルです。すでに欧米では、営業1人がカバーしなければならない範囲が広いこともあり、インサイドセールスの導入が拡大しています。日本でも、グローバル企業中心に、導入を検討している企業が増えています。ここでは、インサイドセールスに関してのポイントをご紹介します。

インサイドセールスとは

インサイドセールス導入のメリット

インサイドセールス導入のチェックポイント

インサイドセールスのアウトソーシング~業者選びのポイント

PAGE TOP